米国シナジーカンパニー社日本法人「シナジーカンパニージャパン」

ピュアシナジーとは

安全性・品質への取り組み

安全性・品質への取り組み

シナジーカンパニーが最も大切にしていることは、原材料と製造において、安全性、その高い品質を維持することです。その証明の一つは「GMP認定基準の遵守」です。GMPは「Good Manufacturing Practice」の略で、適正製造規範と訳されていますが、日本では医薬品、医療用具などの基準として定められています。 安全性・品質への取り組み

GMPには製造設備に関するいわば「ハード」の部分と、書類管理や汚染や間違いを防ぐシステムに関する「ソフト」の部分がありますが、最も大きなポイントは「衛生管理」と言えるでしょう。
シナジーカンパニーの工場を見学すると、原料は元より、ラベル類・書類などの管理の厳密さと共に、その清潔さに驚かされます。工場で使われる機械は、使用のたびに細かく分解され、数人がかりで丸1日以上を費やして、清掃・消毒されています。製造にかかる時間と同じかそれ以上の時間が清掃のために費やされています。非常に小さなパーツにまで分解し、歯ブラシや綿棒のような小さな器具を使って、通常では見えないような部分まで残らず洗浄します。
文字通り「磨き上げる」、丁寧で熱の入った作業なのです。効率だけを追求するのではなく、お客様の健康、安心・安全を第一に考えている、シナジーカンパニーの姿勢の表れの一つだといえるでしょう。

また、シナジーカンパニーが取り扱う原材料の95%以上は、米国オーガニック認証団体Oregon Tilthの認証を受けた有機栽培の原材料です。残りの5%も通常の農薬などを使用した原材料は使用せず、未認証の有機栽培か、野生の植物で、きちんと管理されているものだけを採用しています。
植物の種(たね)にもこだわり、できる限り「原種」を探して採用し、自ら栽培もしています。交配種と比較して、原種には、その植物特有の成分がより多く含まれ、より有益な働きをすると考えられています。シナジーカンパニーでは高品質の原材料を世界中から買い付け、一部は自社農園で栽培もしています。

原材料および製造基準

シナジーカンパニーでは上記のGMPおよびOTCO認証に加え、以下の原料および製造に関する厳格なポリシーを持っています。

  • ●遺伝子組み換え原料を使わない。
  • ●賦形剤(増量剤)・保存料・着色料・香料などの不要な添加物を使わない。
  • ●各原材料の成分の保持に適した加工方法・抽出方法を適用する。
  • ●多種類のハーブ・海草・果実・野菜・キノコ類・穀類・酵素を1製品に取り入れることで、
     シナジー(相乗的な働き)を追求する。

これらの基準により製造されたシナジーカンパニーの製品は、アメリカ国内のみならず、世界各国で高い評価を受けています。

シナジーカンパニーの工場は、
オーガニック認証を受けています。

シナジーカンパニーの工場は、オーガニック認証を受けています。

シナジーカンパニーでは創業時より、オーガニックや、持続可能な農業を命題としてきました。
シナジーカンパニーの工場はUSDA(アメリカ農務省)およびOTCO(オーガニック認証団体Oregon Tilth)によって、オーガニック製品の製造に適合しているという認証を受けています。