米国シナジーカンパニー社日本法人「シナジーカンパニージャパン」

ピュアシナジーとは

日本版ピュアシナジーの特徴

アメリカ版と日本版の違いについて

 

<異なる点>

1.日本版ピュアシナジーは、ミッチェル・メイとシナジーカンパニージャパンが、2年以上の歳月をかけて、日本人に合った配合に基づき作り上げました。アメリカ版とはブレンドが異なります。現代の日本人に関する栄養状態、ライフスタイル、食生活などを総合的に考慮し、作られています。

シナジーカンパニー品質

2.日本版ピュアシナジーには、アメリカ版には含まれていない、有機栽培※されたアメリカニンジン(根)や野生のイワベンケイ(根)など、大変希少で高価な原材料が用いられています。それらの原材料は世界中においても大変手に入りにくいものです。
また、日本人のアレルギー傾向を考慮し、小麦などを用いず、その働きを維持するために、有機栽培※された明日葉などを用いて、長く、安心してお使い頂けるよう、独自の配合がされています。
※米国オーガニック認証団体Oregon Tilthによる認証

3.摂取量に関して、アメリカ版ピュアシナジーの1日の摂取目安量はカレースプーン山盛り1杯(12g)であるのに対し、日本版ではティースプーン半分から1杯(2~4g)でその働きを感じて頂けるよう、ブレンドを工夫しました。
日本版では、特別な原材料を用いたり、配合を変えることなどで、それを実現しています。

4.味覚も日本人に合うように何度も試作を重ね、長くご愛顧頂けるように開発しました。

5.摂取目安量に差があるため、アメリカ版では354gサイズは約1ヶ月用ですが、日本版354gは3~6ヶ月を目安にお使い頂けます。

6.価格に差がございますが、アメリカ版では約3~6倍をお摂り頂く必要があるため、一日分に関しての価格はほぼ同額です。

<変わらない点>

1.ピュアシナジーという名前は同じです。日本ではシナジーカンパニージャパンがその使用権(商標)を保有しています。

2.アメリカのシナジーカンパニー本社工場で製造しています。植物の栽培から収穫、製造、加工、遮光ビンやオーガニックコットンの使用など、細部にわたって、シナジーカンパニー品質が貫かれています。

3.最も重要な点ですが、コンセプトやその本質的な働きにおいて、日本版とアメリカ版には差がないことを、開発者であるミッチェル・メイが保証しています。

<まとめ>
まとめ

アメリカ版、日本版ともにご使用経験がある方は、日本版の体感に驚かれる方もいらっしゃいます。
アメリカ版の配合がほぼ決まったのは約30年前。その後、さまざまな経験と知識をさらに積み重ねたミッチェル・メイの集大成ともいえる日本版ピュアシナジーを、自信をもって日本の皆様にお勧めします。

<ご注意下さい>

近頃、オークションサイトで、並行輸入されたアメリカ版ピュアシナジーが出品されていることがございます。アメリカ版ピュアシナジーには、日本ではサプリメントの原材料として認められていない原料が多種類含まれており、それを医師以外の方が日本国内で販売することは、国の定める薬事法により「違法行為」とされています。

専門家による適切なガイドを受けながらお使いにならない場合は、健康に影響があることも懸念されますので、お気をつけ下さい。アレルギーや医薬品との相互作用などもある場合がございます。
そのような問題があった場合のご相談は、当社ではお受けできませんので、何卒ご了承下さい。

日本でしか買えない、日本人のための特別な「ピュアシナジー」を、今後とも、よろしくお願い申し上げます。